自分でやってみよう!DIY実践情報局

<自分で地デジ化-DIY>

自分で地デジを簡単に見るには(BSもあり)

アナログ放送は2011年7月24日正午で終了してしまいました。
ということは、いままでのテレビはどうしましょう??
また、アナログ?、デジタル?、衛星放送??...分からないしめんどくさい!! と思われている方も多いのではないでしょうか
最新の液晶テレビを購入したけど、いままでのアンテナ線をつないでしまったりしている方はいませんか?地デジを見る場合の準備を大まかに整理すると以下のようになります。

地デジ放送を見る準備
(どちらか選択)
地デジチューナを購入する(今お使いのブラウン管テレビでアナログ放送よりきれいに見ることができます)
②地デジチューナ内蔵のテレビを購入する(最近は画質も音もよく価格的にもかなり安くなりました)
地デジ放送を受ける準備
(どちらか選択)
地デジアンテナを購入する(設置工事が必要になります)
②ケーブルテレビやフレッツテレビのような視聴契約を結ぶ継続的な料金支払いが発生します)
BSやCSを見たい場合の準備
(衛星放送を受ける準備)
①BSやCS用のパラボラアンテナを購入する(設置工事が必要になります)

一番安く簡単なのが、「簡易アンテナ」を「地デジチューナ」に接続して、いままでのテレビで見る。だと思います。ただ電波環境がある程度よくないといけませんが。

アンテナを屋根に付ける場合は、アンテナ代と標準的な工事費とで3~5万円くらいはかかりそうです。そこで、家全体でなくても「このテレビで地デジが見られればいい」という方にオススメなのが簡易アンテナでの方法です。
簡易アンテナといっても最近のものは性能がいいためかなりの確率で見られるのではないでしょうか。

簡易アンテナをベランダに取り付け、アンテナから同軸ケーブルをテレビまで配線して終了です。
地域によっては簡易アンテナを室内に置くだけでいい場合もあります。
同軸ケーブルは通常、3C-2V、4Cと5C-2V(5C-2Vの方が太い)がありますが屋外配線の場合は5Cの方がいいと思います。
最近はBS・CS・地デジ対応の同軸ケーブルがあります。信号の減衰も少ないためBS・CS・地デジ対応のケーブルを使用しましょう。


簡易アンテナ接続ですと費用も全部で1万円前後です。
自分でやれば安くできます。写真では2世帯分なので簡易アンテナを2つ付けています。
2世帯だから2つというわけではありません。既存のアンテナが古かったため分配するには信号レベル上不安でした。
下のアンテナは数年前に買った初期のものなので、現在の製品性能より劣ります。そのため、天気に左右されノイズや画面が写らない場合がありますが、上のアンテナはそれが全くありません。
上のアンテナは、八木アンテナのUWPAです。
アナログ放送終了直前の23日に下のアンテナを八木アンテナの剛弓というものに変更しました。信号レベルが高いです。ついでに、他部屋用に分配しましたがまったく問題ありませんでした。

また、アナログ用アンテナを地デジ用に自分で変えればいいや、と思われている方は一度接続確認をおすすめします。
特に年数が経っているお宅では、建物内分配器等の既存設備が地デジに対応できない可能性もありますので。

接続図で知るアンテナパーツ!
1.一戸建 一戸建での設置・接続
2.マンション マンション・ベランダへの設置・接続
3.室内 室内アンテナの設置・接続

BS・CSアンテナの取り付けツール

BSやCSのパラボラアンテナの取り付け方位が素人にも簡単に分かる大変便利な資料(ツール)です。
自分も実際にこの方位盤を利用してアンテナを取り付けました。
TDK BS・CSアンテナ 衛星方向早わかり方位盤(関東版)PDF
TDK株式会社の資料ですが、現在はTDKのホームページにもありません。関東版以外もあったようですが残念です。

PAGE TOP